Main Page-ja

(Difference between revisions)

Jump to: navigation, search
m (translated through the whole page)
(ツール、テストケース、リサーチ: 表現の変更)
Line 161: Line 161:
*[[icalendar-implementations|iCalendarの実装]]
*[[icalendar-implementations|iCalendarの実装]]
*[[internationalization|国際化]]
*[[internationalization|国際化]]
-
*[[parsing-microformats|マイクロフォーマットのパーサー]]
+
*[[parsing-microformats|マイクロフォーマットのパース方法]]
*[[selected-test-cases-from-the-web|Web上の厳選テストケース]]
*[[selected-test-cases-from-the-web|Web上の厳選テストケース]]
*[http://hg.microformats.org/ ソースコード・レポジトリ] -- [[mercurial-quick-start|ハウツー:レポジトリからコードをダウンロードするには]]
*[http://hg.microformats.org/ ソースコード・レポジトリ] -- [[mercurial-quick-start|ハウツー:レポジトリからコードをダウンロードするには]]

Revision as of 07:25, 27 September 2007

Microformats Wikiにようこそ!

初めての方は、microformatsの手引きからどうぞ。編集を始める前に、how-to-play-jaを読んでください。

Contents


はじめに

定義

メーリングリスト(mailing-lists)での一般的な定義は、「分散的開発を実現するために用いられる、セマンティクスをHTMLに埋め込む為のシンプルな仕様」です。もう少し細かく説明すると、microformatsは下記のように定義できます。

分散的開発を実現するために用いられる
Webにあるリソースそのものや、それを利用するツールやサービスを分散的に処理できるようにします。
セマンティクスをHTMLに埋め込むための
それぞれの分野に特化することで、各仕様が小さいものとなります。
シンプルな仕様
人間が解読できる(X)HTML/XMLドキュメントやAtom/RSSフィード、そしてプレーンなXMLでの提供
現存するコンテンツの利用パターンを標準化することからはじめています。
概略的で説明的なclass名を使い、ソースをみてもわかりやすくなっています。
現存の相互運用できる規格に基づくことにより、汎用性が高まります。

「ブラウザーでWeb巡回しかしないんだ。それはまた20世紀的だね。」 -- Mark Pilgrim

マイクロフォーマットとは何かについて、マイクロフォーマットを使うと何ができるかについてさらに詳しい説明を読んでみてください。


協力の方法

マイクロフォーマットをさらに発展させるために、こんなことができます。

仕様

以下はオープンスタンダードとなったmicroformatsの仕様です。(実装実際の使用例もご覧ください)

ドラフト

デザインパターン

デザインパターンは、Microformats の間で共通のマークアップ方法です。

Exploratory Discussions

Per the microformats process: 実世界でのの調査や分析、既に存在するフォーマット、またmicroformatsにできそうなもののブレインストーミングをまとめています。もし何かページを追加した場合、まずrejected-formatsを見てから行ってください。

ツール、テストケース、リサーチ

事例、コード、テストケースを知るには、マイクロフォーマットを使った各ページをご覧ください。複数のマイクロフォーマットを使っているツールやサービスは少ししかありません。このセクションは複数のマイクロフォーマットに関連するエディター、パーサー、妥当性検証ソフト、テストケースなどの情報をご紹介しています。

リソース

共用ワークスペース

他言語でのmicroformats wiki

microformatsの記事を色々な言語で読んだり編集したりできます。

See also other-languages, and how-to-start-a-new-translation.

Main Page-ja was last modified: Wednesday, December 31st, 1969

Views